お知らせ&営業日誌,etc

2018 / 02 / 11  12:30

妊活サポートとしての妊活アロマトリートメントに向けた想い

昨年10月より、妊活中の女性を対象とした《妊活アロマトリートメント》のモニター症例を行なっています。

今回のこの企画は、女性の一生の健康をサポートしたいアロマセラピストとしての私の学びのためでもありました。

 

自律神経や、内分泌系、免疫系に働きかけるアロマトリートメントが、妊娠を望んでいる女性にどのような好ましい作用をもたらすことができるか?

 

日頃、婦人科の病院やクリニックへ、不妊治療のために通われている女性の心身の疲労やストレスをアロマトリートメントで軽減できないだろうか?

 

妊娠を望む女性にとって、妊活に励んでいてもなかなか授からないことへの苛立ちや、他の妊婦さんへの嫉妬や、焦りや失望などの負の感情を、アロマという癒しの方法で手助けできないだろうか?

 

ついつい一生懸命になりすぎて、自分で自分を追い込みがちになってしまう妊活期間をできるだけもっとおおらかに、ストレスや焦りや不安を取り除き、文字通り、心も体も緩めてリラックスして、毎日を過ごせるようにアロマでサポートできないだろうか?

 

コンスタントで定期的な全身のアロマトリートメントを受けていただくことで、体の疲れがたまらないように疲労物質や老廃物を流していきながら、血の巡りの良い体に整えて、体の隅々まで温まり、ホルモン分泌を順調なものにしていく。

  

妊娠することを最終目標にするのではなく、まずは今ここの生活と自分自身の心身の健康を大切にすることで、健康な肉体と精神の働きである生殖活動が健康的になされ、気がついたら自然と新しい命が芽生えていたーというような自然で幸せな妊活をサポートできないだろうか?

 

このように書くと、まるで完璧に理想的な流れではありますが、それでもなお、植物からの恵みを利用した自然療法であるアロマセラピー(アロマテラピー)を、人に用いて、心も体も健やかに導くために医療の傍で補完的に利用する、というのがアロマセラピーの真髄です。

 

現代の日本では、不妊に悩んでいる男女のカップルは少なくありません。

 

特に女性は一般的に、男性に比べて「早く母になりたい」という思いが大きくなりやすく、自分で自分を追い込んでしまったり、パートナーとの妊活に関しての温度差が生まれてギクシャクしてしまったりすることもあります。

 

本来、幸せな夫婦生活の延長として、人としての子孫繁栄の本能のもと、新しい命が芽生えるのはとても尊く、素晴らしい奇跡のようなこと。

 

人と自然が生んだ自然療法・アロマセラピーで、妊活に行き詰まりがちな女性たちの心の体に寄り添えないだろうか?

 

こういった思いが、私がアロマセラピーを学び始めた頃からの想いとしてありました。

 

そして現在(2018年2月時点)、モニターの3名様が終了し、モニター期間を終えて全体的なご感想をお聞きするアンケートの答えをいただき、読んでいると、微力ながら少しはお役に立てたかな?と思っています。

 

モニターの皆様、第一声は「とても癒された。心が(精神的に)楽になった。」

 

婦人科で不妊治療をされている方は、治療内容にもよりますが、内服薬の服用(クロミッドなど)や、排卵誘発剤の注射や、頻繁な通院回数などの体の疲れ以上に、意外と精神的な疲れが大きいと思います。

 

さらに、高額な治療費のため、やめたくても仕事はやめられない、というのも現実。

 

私もかつて、もう10年ほど前ですが不妊治療に通っていたのでわかります。

私の場合は、タイミング法まででしたのでホルモン数値の検査や薬(クロミッド)代、ホルモン注射代くらいでしたが、一月に2〜3万円は治療費としてかかりました。

 

体外受精や人工授精などに取り組まれているカップルは何十万円、もしくは百を越える以上の金額をかけて、「我が子を抱きたい」、その一心で、お仕事に通院にと頑張っています。

 

現代の日本では、アロマセラピートリートメントがまだ「リラクゼーション」としての認識どまりで、人の心と体に確実に良い影響をもたらし、医療で補えない部分に対して補完的にアロマセラピーを利用していくことで、現在受けている治療の補助ができるものとしては認知されていません。

 

しかし、セラピーの現場で実際のクライアントさんの心身の変化を見ていれば、確かにアロマセラピートリートメントは、私たちに非常に好ましい変化を与えてくれているのを実感します。

 

アロマによって体質改善し、人生が好転した私自身の実体験からも、日本で将来的に、アロマセラピーが医療を補完し、現代日本で膨らみ続けている国全体の医療費削減のためにも、アロマセラピーのような自然療法が見直されて、人々の健康な暮らしを確実にサポートするものとして認識されるようになっていってほしい、というのがアロマセラピストとしての私の願いです。

 

そのためには、私たちアロマセラピストは、人々にアロマセラピーが医療で補えない繊細な部分に対して確実に効果があり、積極的に人生の一部に取り入れていきたい、と思っていただけるように、アロマトリートメントを受けたことによるエビデンスを出していかなければならいないとも感じています。

 

そのエビデンスの一部として、妊活中(不妊治療中)の女性のための「妊活アロマトリートメント」を受けていただいたモニターさん達からの生の声をご紹介いたします。

 

妊活アロマトリートメントモニターさんからのご感想は「妊活アロマトリートメント」のページからご覧くださいませ。

 

なお、今回で最終案内となっています妊活アロマトリートメントモニター様は、あと残り3名様を募集中です。

モニター詳細をご希望の方は、当ホームページ内のお問い合わせからご連絡くださいませ。